ハワイ島でデング熱が流行 23人の感染を確認、うち8人が観光客のアイキャッチ画像

ハワイ島でデング熱が流行 23人の感染を確認、うち8人が観光客

2014年の夏、日本全体に恐怖を持たらせたデング熱が今年、ハワイ島内で感染が確認され衛生当局が住民や観光客に注意を呼びかけている。

ハワイプレス編集部827

2015 11.10

記事一覧を見る

ハワイ島でデング熱が流行 23人の感染を確認、うち8人が観光客

渡航時デングウィルスの予防方法

・蚊が室内に入らないよう戸や窓の開け閉めを減らし網戸やエアコンを使用する。

・網戸の設置や必要な清掃が行われている等、設備が整った宿泊施設を利用する。

・戸外に出るときは肌の露出をできるだけ避ける。

ハワイ渡航時はカーディガン等、薄手の羽織るものが重宝。最低でも1枚は用意していきたい。

・虫よけ剤を適切に使用する。

街中でなかなか見かけない薬局、ハワイで虫除けスプレーを見つけるのは英語が苦手な方には一苦労するかもしれない。外国製品は肌に合わない場合もあるので、日本で購入して持っていくのがおすすめ。

OFF! Deep Woods®

アメリカで有名な虫除け剤、虫除け成分が含まれるシート等もある。

現在島内感染が確認されているのは、ハワイ島。8名の観光客はオアフ島など、他の島々を訪れている可能性も充分に考えられる。ハワイ渡航を予定している方々は、ハワイ島に限らず、公園や植物が多い場所など、蚊の生息していそうな所に近づく際は注意が必要。

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -